FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALAXY S でスマートフォンを考える

過去にも度々、GALAXY S やアンドロイドについて書いてきたが、久しぶりにその話題。
韓国ではGALAXY S2も発売されて、ホットな感じになっている。今回の「2」の最大の売りも、前回同様そのハイスペックぶりとなっているようだ。

個人的には、GALAXY Sを初めて使った時、「高速だなー」と感じはしたが、長期使用で、OSが肥大化するのか、メモリの管理に不具合がたまっていくのか、普段使用して、さほど「高速」と感じる気がしない。
どんなにハイスペックで高速なコンピュータもそうであるように、ソフトウェアはあっという間にハードに追いつくので、スペックの高さは周りの環境の上昇に従ってスタンダードになり、遅い機械になっていくのは当たり前のことなので、ハイスペックであることに越したことはないが、それがスマートフォンにとって一番重要かどうかは別問題の様な気がする。

現在使用しているGALAXY Sにはおおむね満足しているが、「すべてがいい」「誰にでも勧められる」という訳でもないのも事実。
GALAXY Sにはディスプレー意外に機械の状態を表示するLEDなどが無い。充電中なのか?充電が満タンになったのか?を確認するためにはわざわざ、タッチしてスクリーンを見る必要がある。意外と不便。
iPhoneの様にリモートスイッチで、曲のスキップなどが出来ない。これは音楽を聴く人には致命的にダメな点。
super有機ELの画面は本当に美しいと思うが、晴天時、屋外での視認性は大変に悪い。改善して欲しい。
アンドロイドのマルチタッチは、人に自慢するのにはいいが、意外と活躍の場は少ない。私は滅多に使わない。
スクリーンのタッチ性能は上々。バッテリーの持続性は標準的。

まあ、こんな感じだ。
一番不便に感じるのは、有線のヘッドセットを着用した時、セットのボタンの機能が少なすぎる点。
着信時、ボタンで通話。これはOK
音楽再生時、ボタンで停止、再生。これもOK
しかし、iPhoneやHTC端末にあったダブルクリックで曲スキップ、トリプルクリックで、、、、といった機能が全くないのはいただけない。

最近、発見したのだが、有線ヘッドセットを付けたり外したりしていると、やがて「付けた」「外した」ということを認識してはいるのだが、ヘッドセットのスピーカーに音声を送らなくなることがある。
ヘッドセットを差し込んでも本体から音楽が流れるのだ。

これは、ソフトウェア的な問題の様で、本体を再起動すると回復する。
アンドロイドの問題なのか?GALAXY Sのデバイスドライバ関連の問題なのかは不明だが、改善して欲しい。

また、このポートにヘッドフォンのミニプラグを直接差し込むと、音楽を聴くことが出来るのだが、この状態で着信があると、相手の声はヘッドフォンに出力されず、ヘッドフォンをしているのにもかかわらず、携帯を耳に押し当てるという非常に珍妙な状態になる。「音声はヘッドフォンに出力、通話は本体マイク」となるのが自然だと思うのだが、この辺はもうすこし考えて欲しかった。

まあ、色々書いたが、おおむね満足のGALAXY S。契約の関係でまだまだつきあわないといけない。
いろいろカスタマイズしながら、遊んでみるのもいいのではあるまいか?

GALAXY Sを楽天で検索してみた。

関連記事
スポンサーサイト

tag : アンドロイド スマートフォン

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。