FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃器の簡単解説、その1、アサルトライフル カラシニコフ AK47

以前アナウンスしておきながら全く書いていなかった銃器の話題を初めたいと思う。

これを書こうと思ったきっかけは、サバゲーマーの皆さまに、自分の使っている銃にたいして、「ただの銃」では、なく「こういういわれのある銃」としてある程度の知識と愛着を持って銃器に接していただきたいからである。

そのため、シンプルに書きたい。あまり小難しい機構的なことを書いても喜んでもらえらないと思うので、小さなエピソードなどを交えて書く。

ただし今回は初回であり、かなり基礎的な部分も書くので、ちょっと長くなる。勘弁してもらいたい。

 

第二次大戦中ドイツ軍は、持ち前の勤勉さと技術力でかなり多種類の兵器を開発、生産してきた。

アメリカ軍がほぼ、シャーマン戦車のみで戦ってきたのに、ドイツ軍はI号戦車から、最終的にはタイガー戦車までかなりの多くの戦車があることは有名な話。兵員輸送車なども数多くあり、ドイツ軍の車両好きが窺い知れる。

しかし、ドイツ敗戦後、こういった兵器開発の技術を、「ロシア軍」、「アメリカ軍」が、争うようにして奪っていった事はあまり知られていない。

その最たる例が「V2ロケット技術」だ。ドイツ軍はこのロケットミサイルの技術で本土からロンドンを空爆できたというすごい技術だ。

この技術はロシア、アメリカにそれぞれ奪われた。ロシアが人類初の人工衛星スプートニクを打ち上げることに成功したのも、人類初の有人ロケットで、ガガーリンを宇宙に送り込んだのも、はたまた、アメリカで人類を初めて月に到達させたのも、このドイツのロケット技術者とその叡智だった。

この技術は後に、大陸間弾道ミサイルへと発展していく。

 

これと同様にロシアに渡った技術に「アサルトライフル」の技術がある。

大戦中ドイツ軍が一般兵士に供給していたのは、Kar98と言われる小銃(ライフル)であったり、MP40と言われる短機関銃(サブマシンガン)であったりした。

しかし、実際に兵士たちは、戦場で捕獲したこの二種類の武器を両方とも携行し、使い分けていたというのだ。

ライフルは原野戦などで、遠くにいる兵士を狙い撃つのには適していたが、市街戦では速射性がないので、とっさに撃つのには向かない。

サブマシンガンは、小型なので建物の中で取り回しやすく、反動も小さい。ピストル用の小型の弾ではあるが市街戦などで出会い頭の敵に雨あられと弾を浴びせるのには向くが、野戦では、バレル(銃身)が短く、火力の小さい弾は遠くの的には全く当たらない。

この相反する兵器の中間を埋めるためにドイツ軍が開発した兵器が「StG44」である。

330px-Sturmgewehr_44

ライフルよりもやや小型の弾を連射することができるようにしたことで、取り回しやすさ、速射、精度のバランスを取り色々な状況に合わせて使い分けられるようにした兵器だ。

StG44は「Sturmgewehr 44」の略でこの「シュトゥルム・ゲヴェーア」の日本語訳が「突撃銃」、英訳が「アサルトライフル」であり、この銃が、現代の一般兵士が携行する「アサルトライフル」の基礎となったことがわかると思う。

 

東京マルイ 電動ガン AK47 【電動ガンお手軽セット】 4952839170224 カラシニコフ エアガン エアーガン 18歳以上 日本製 コスプレにも 0326gn

 

ロシアのミハイル・カラシニコフはStG44の概念を大幅に取り入れて設計し、ソビエト連邦軍に正式採用されたのが、上のAK47である。

見比べてみても分かる通り非常によく似ている。機構的にはアメリカ製のM1カービンの影響を受けた部分もあるそうだが、随所にStG44の機構を真似たものが採用された。

この銃は、「シンプル」で「信頼度の高い」点に重点が置かれており、「過酷な環境で使っても壊れない」となっている。機構内にゴミが詰まったような状態でも、水で中を洗浄すると元通りに使えるというような話もあり、過酷な戦場下では大いに信頼されたことであろう。設計者の名前を取って「カラシニコフ」の通称で多くの兵士に愛された。

ソビエト連邦、あるいはそれ以外の国でも、「改良型」、「コピー品」などの亜種が数多く作られた経緯もあって「世界で最も多く使われた軍用銃」としてギネスにも認定されている。

また、登場してから60年以上立った現在でも、世界の紛争地域で使われるロングランナーである。これは、カラシニコフが入手しやすく、堅牢性が信頼されているだけでなく、利用する弾が、現在の主力である5.45x39mm弾ではなく、より大口径の7.62x39mm弾が採用されているため、市街戦などにおける遮蔽物の破壊力など、対人戦における有意さがあるためと言われている。

 

E&L AK74MN AEG DX Ver. (Gen.2 JP Ver.)【只今、商品合計8,000円(税抜)以上注文で、CYCバイオBB弾1袋プレゼント中!】

 

こちらは、AK47の改良型であるAKMの更に改良型であるAK74。現在の共産圏における現役アサルトライフルである。

こちらは現在主力である5.45x39mm弾が使われる。なぜ「破壊力の高い7.62x39mm弾が採用されない?」と思う人も多いと思うが、現代の組織だった部隊の戦闘は、「兵士の銃で敵を完全制圧」とは考えておらず、様々な支援兵器を駆使しての作戦行動が多い。そうなると、兵士の銃の仕事は、敵の行動を止めるための「制圧射撃」が重視されることになる。結果的に、より小型の弾を大量に持ち運べたほうが便利な場合が多いからだ。

口径の大きい銃の弾は当然大きく、その分、持ち運べる量が少ないからね。

この銃はAK74の中でも後期型にあたり、折りたたみ式のストックが採用されている。AK47で木製だった部分も樹脂製に変更されている。真っ黒でカッコイイね。

外見上、最も特徴的なのは、AK47と比較してストックが直線的であること。AK47は下にかなり曲がり降りたストックが採用されているが、これが、AK47独特の「マズルジャンプ」を引き起こした。

大口径の弾を採用していることもありリコイル(射撃時の反動)が大きいAK47は、更にストックの形状などの関係で射撃時に銃口が跳ね上がる。これが「マズルジャンプ」。こうなるとフルオートでの射撃時の精度が悪くなってしまうので、改良型のAKM以降ストックの形状は直線的なものに変更されている。

 

東京マルイ ハイサイクルカスタム電動ガン AK47HC NEWニッケルフルセット (本体+バッテリー+充電器)

 

色々検索してみたら、こういうAKも出てきた。

とってもかっこいいデザインのAKで、「ロシアの特殊部隊「ヴェータ」が使用するカスタムAKを電動ガン ハイサイクルカスタムでラインナップ。」という触れ込みのAK47だ。

しかし、AK74ならわかるがAK47のショートバレルがあるのかどうかもよくわからないし、上部と、バレル下部には各種ガジェットを取り付けるための、ピカティニー・レールが採用されている。このレールシステムは西側のものだし、長さを調整できるストックも米軍使用のM4のものとそっくりなので、玩具メーカーで「こういう銃があったら面白い」と作り上げたものなのかもしれない。詳細は不明だがまあ確かに面白いし見ての通りカッコイイ。

各種ガジェットを取り付けるとこんな感じで更にかっこよくなる。大きなボディにショートバレル、更にサイレンサーを付けると非常に無骨なデザインになってカッコイイね。

 

こんな感じで、第一回目の簡単銃器紹介。東側の代表アサルトライフル、AKシリーズを紹介してみた。

次回は東側のM16シリーズを紹介してみたいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

tag : ミリタリー 銃器 アサルトライフル

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。