FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略 arma3 showcase Combined arms

さて、次なるショーケース ミッションは「Combined arms」コンバインドアームズ、日本語に訳すと「諸兵科連合」となるらしいが、わかりやすく言うと、先頭車両、航空機、歩兵の連合作戦のミッションとなる。

タイトルに謳われているほど、ミッション内容に連合性は無く、自軍に、輸送ヘリ、兵員戦闘車、などの投入があり、敵も兵員戦闘車による反撃がある程度。全体にさほどの連合性は無い。

戦場となるマップも左右を山に囲まれた、谷あいの土地となり、大型車両の展開が難しそうだ。
個人的に思ったことは、こういった谷あいの土地は、普通川が流れるか、湿地になるのが自然なのだが、このマップではそういう部分がかなり少ない。意図的なものなのか?単純に「ギリシャは水不足なのか?」は不明だ。

2013-11-27_00006

そいういう話はさて、おいて。過去のミッションとの関連性を覚えておくと、ミッションには圧倒的に膨らみが出て面白くなる。マップ中の「M」はビークルミッションでM-ATVを奪った丘の上の基地であり、「M2」は数量のM-ATVを破壊した米軍基地である。

ショーケースの時間軸がどうなっているのかは不明だが、もしショーケース順の時間軸であるなら、ショーケース自体を一つのキャンペーンと捉えてプレイすることもできる。
今回のミッションは島の中央部基地を抑える米軍攻勢のミッションとも言える。

ただし、今回のミッション、作戦自体はさも面白く無いシンプルなミッションだ。島のはるか北西よりヘリでA地点に上陸した米軍2部隊がB地点の基地を奪取するミッションで、途中で変更も追加ミッションも無く、プレイヤーは指示される立場に有り、基本的には命令に従って進んでいく。

調子に乗ってARMA3攻略を書いているが、ミリタリーファンション好きの諸君。今回の歩兵たちのファッションを見よ!

arma3 スクリーンショットマルチカム

非常にいかす!前作「ARMA2」では、海兵の特殊部隊という設定のため、多様な装備、(ソフトシェルジャケットやら各種兵器)海兵隊のマーパット(ウッドランド)を堪能することができた。
ARMA2OAでは、時代に即して陸軍のUCPを着用したキャラクターたちを多く見たが、今回ARMA3では、当然OCP(マルチカム)での出陣。現代的な装備、グラフィックが用意されている。このへんのリアリティーがARMAシリーズではたまらないものがある。

装備もけっこうまちまちで、コンバットシャツの奴が多いが、アンダーシャツに直接チェストリグを装備している奴もいる。また、ヘルメットが、2パターン用意されていることがわかる。

作戦は極めてシンプル。infantry (インファントリー)ミッションの時同様に指示ポジションを維持しながら、降下地点の「A」から侵攻「B」の敵ベースを奪取するのがメインの目標となる。

敵のベースはなかなか攻めにくい位置にあり、自軍にもそれなりに損害がでる。最悪全滅するほどだが、おおよそ支持に従い進行するのが正しい。敵の数が多いので、丘の上からあまり前に出てしまうと格好の的になり、ただぼんやりついていくと、自軍の被害が大きいのでほどほどに頑張ろう。

このミッションは、敵基地の防衛力が高く、攻撃も激しい。周りに樹が多く、プレイヤーにとっては視界の妨げになるものが多く、なかなか得意な距離での戦闘にもちこめないのが苦しい。

敵の基地を制圧すると「西からのカウンターアタックから防衛せよ。」という命令に移行する。

敵の進行ルートには若干の乱数性があるようで(または敵の侵攻速度などによりそのように感じるているだけかもしれない。)、場合によって、オレンジのラインで示したような攻撃を受ける。
またプレイヤーはATソルジャー兵科となっており、対戦車ミサイルを保有しているので、敵の装甲車が来た場合は積極的にこれを排除しないといけないので注意(対戦車ミサイルへの装備変更は「右Ctrl」+「;」)。

ARMAシリーズの最も面白いところは、多人数対多人数の場合、AI同士の戦闘でほとんど決着がついてしまい、プレイヤーが何もしなくともクリアできる場合があり、そういう時は、「簡単なミッションだなー」と感じるし、AI同士の戦闘の結果、プレイヤーが圧倒的に不利な場合に陥る場合もあるという点。そういう時は「なんだよ、この難易度、クソゲーめ!」と思うかもしれない。逆に言うと、そういった周りの状況の有利不利の変化がゲームのリプレイ性に一役買っている。
「なんかうまくいかない!」と思ったら、セーブデータのロードではなくリプレイを選択して一からやり直してみるのもひとつの手だ。

今回のミッション「Combined arms(コンバインドアームズ)」、シンプルな「中、短距離」の戦闘を楽しむ/訓練したいならいいミッションである。
敵の車両からは大量のメディキットと、HEグレネードを奪えるので、敵のカウンターアタック前に充分に補充しておくべし。また敵のサンドバッグを利用した左右リーン操作(匍匐時はローリング)(操作「Q」「E」)も有効なのでマスターしておこう。

敵のカウンターアタックを制圧したら丘の上「C」に登ってピックアップを待ってミッション完了である。

おまけのtip

  • 味方戦闘車両には、近づかない方がいい。最近はAIの出来が良くなって、プレイヤーを轢いて死なせるようなことはなくなったが、敵は車両に注目し、集中的に攻撃してくる。トバッチリを食うことが多い。最悪対戦車ミサイルが飛んでくると車両が平気でも近くにいる歩兵にたいするダメージは大きい。それなりの距離を保とう。
  • 今更だが、CODまがいの無茶な突進は避けよう、チームの被害が多少多くとも、「自分が死ぬよりマシ」である、そして「あなたが大活躍しても味方の被害はさほど減らない」的な感覚で慎重に行こう。
    戦場で重要なのは、生き残るのか否か?」だ。いい戦績を残しても死んだら終わりなのだ。戦績云々は、リプレイの時に考えよう。まずは生き残り、ミッションを完了することだ。
  • このミッションでは隊長から「あの敵を倒せ」という指示が出ることが多いが、それも努力目標の一つで、赤い四角マーカーも、「最後に目視された場所と方向」を前提としているのであてにならない。必死に目標を追う必要はない。前回も書いたが、敵との距離を保ちつつ、自分の視界の範囲でできることを考えよう。できることがなくなったら、視界/射線を変更するために移動すればいい。

ちなみに、コンピュータの操作する敵、味方、あるいは自分のキャラクタの索敵能力/射撃能力は異常といえるほど優れている。
こいつらと戦闘するのだから別にチキンになって恥ずかしいことはない。「俺はこの戦場で生き残って、最後のミッションまで辿り着くんだー。」くらいの気持ちでプレイしよう。
このゲームのいいところは、若干FPS的なシューティングが苦手でもなんとかなるところだ。
私も下手っぴなので「あの作戦がダメなら、、、、どういう移動ルートをとるか?、、」などと、常に悩みながら、プレイし、この原稿を書いている。

「敵の武器を奪う」のがすごく良い場合もあるし、銃器での戦闘が苦手なら「グレネード/ハンドグレネード」を積極的に使う戦法もある。自分なりの解法を見つけ出すのがこのゲームの魅力。ミッション単位でも柔軟に考えると楽しいゲームプレイができると思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : arma3 ミリタリー PCゲーム FPS

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。