FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー CONDOR コンドル タクティカルキャップ A-Tacs

楽天スーパーセールの際に、購入したアイテムの第二弾。

コンドル タクティカル キャップ A-Tacs


この商品を選択した理由は、以前購入して愛用していた下記キャップが大分くたびれてきたのと、「洗い替えがあっていいかなー」という感じ。
A-tacsとはどんなもんかいな!」というのも動機の一つ。a-tacsカムフラージュは今回初めての購入となる。

いちおう1年ほど前に購入して愛用してきたキャップも紹介しておく。
購入したお店は違うのだが、現在でも手に入るので、リンクを載せておく。


こちらはサイドにそれぞれ「ネイビーシールズ」の名前とロゴが刺繍されているもの。ショップ情報では「レプリカ」であることが書かれている。
まあ、個人的には「レプリカ」、「本物」にはこだわらないので、全然問題無いのだが、「そもそも軍に正式採用されているベースボールキャップタイプの帽子は存在しないのではないか?」と言う気がする。

ネイビーシールズのような特殊部隊系の兵士たちは、自分の好みで、スポーツタイプのヘルメットをかぶってみたり、ブーニーハット、ベースボールキャップをかっぶたりするケースがあるが、あれらはほとんど、個人が好みで購入したものをかぶっているのではないだろうか?
そう考えると、レプリカかどうか?なんてことは全然どうでもいい話になってくる。

ちなみに、私の古くからの概念では、陸軍では、ブーニーハットが、海兵隊では、キャップタイプの略帽が採用されている印象だ。ただ、これも古くからミリタリー好きをやっている私の概念に過ぎないかも知れない。
私のイメージの典型的な帽子二種類をいちおう挙げておく。

米海兵隊 USMC Garrison Cover Desert MARPAT

米海兵隊 USMC Garrison Cover Desert MARPAT
価格:3,000円(税込、送料別)

こんなかんじ、やっぱり陸軍はブーニー、海兵はこんな感じで前方の角張ったキャップタイプの印象だ。

いつものことだが、脱線しちゃったな。
で、このキャップ結構、形が好きで愛用していた。
ミリタリーショップでは「キラーキャップ」、「タクティカルキャップ」、「ベースボールキャップ」等、色々な呼び名が使われており、私自身それが、どういう意味で使われているのかは不明。
詳しい方教えてください。

ちなみに共に中国製。マーパットキャップに生地の組成の表記はないが、コンドルa-tacsキャップには65/35のポリエステル/コットン混紡であると思われる表記がある。
また、共にリップストップとなっている。

(以前も書いたが、参考までにリップストップ生地の解説。)
リップストップはナイロン生地などでよく使われる編み方で、敗れた際に伝線して、無限に破れ続けないように、一定の周期で編み方を変える手法。かぎ裂きなどが起こっても、編み方の変化部分で止まる。
編み方変化のため変化部分で生地の表面にも変化が見られ、実際には縦横に強い線が格子状に見える。

キラーキャップ二個並べて 

 取り合えず二つ並べて写真を撮ってみる。機能面ではおおよそ同じで、おなじ形状。パッチ形状が違ったり多少の異差がある程度で縫合部分の位置ナンかもほぼ同じだ。

タクティカル キャップ (3) 

さほど大きな違いとは言えないが。リアのベルクロの大きさと形が違う。また、後頭部に付くサイズ調整(共にフリーサイズ)のベルト形状も違い、マーパットはベルクロ。a-tacsは金属製バックルにより折り返しとなっている。

コンドルキャップ裏 マーパットキャップ裏

こちらは裏返し図。コンドルキャップは帽体前部が裏地有りで、生地全体もかなりしっかりしたものが使われている。
ちなみにタグには、中国製だが、生地はアメリカ製であると書かれている。

右写真のマーパットキャップは裏地処理は一切無し。非常にシンプルで生地自体も薄い。写真のしわくちゃ感も使い込んだからではない。このキャップは購入当初からこういう雰囲気のキャップだった。

コンドルのキャップは全体の形状がしっかりしているので、たぶん脱いでポンと置いても帽体の形状が維持されやすいはず。それに対して、マーパットキャップの方は、形状を維持する厚みのある生地が使われていないので、かぶる際に形を整えるために、帽体内部にパンチを食らわしてからかぶるような雰囲気だ。


総合的に判断すると、帽子としての出来はコンドルの方が明らかに良い。
 
と、判断すべきかも知れないが、個人的には圧倒的にマーパットキャップの方が「好き」だ。

実はこの二つのキャップ最大の違いと言えるのは、生地がどうとか縫製がどうとか、性能がどうとかの問題ではなく、形状が全く違うのだ。

コンドルのキャップの形状は典型的な(まさにそうなんだけど野球用の)ベースボールキャップ形状。
帽体全体の丸さが、はっきり、深く作られている。半球体の下に円柱形のものを付けた感じで、浅くかぶれば頭頂部に余裕が出来るような深い帽体である。
これは、これでいいのかも知れないが、私は仕事柄、農薬やさんやら、農協関係からメーカーや商品のロゴ入りキャップをもらうケースが多いのだが、その手の帽子の匂いがしてたまらない。
最近は、そういう帽子も縫製がしっかりしていて、ツバもしっかりカーブしているのだが、なんか気に入らないんだよなー

これに対し、マーパットキャップの方は古いアメリカンキャップの雰囲気で、帽体のアーチが浅くで、下に長く伸びた雰囲気がない。浅い半球体に近い形状で、ツバを深くかぶると後頭部が上がってくるような感じの帽子である。

なかなか,言葉で表現するのはむずかしいが、おおよその雰囲気は解ってもらえるだろうか?

この話は、たぶん好みに依る部分も多いだろう。
完全な個人の趣味の話で申し訳ない部分も有るが、コンドルのキャップ形状は個人的には本当に残念。
マーパットキャップタイプの帽子を探してみたいと思う。
a-tacsも手に入れたらなんか冷めちゃったなー。それほどインパクトもないし。あ、カムフラージュだからインパクト無いのは当たり前か?マルチカムが良かったかなー。

次にねらっているのはこの辺。
ちょっと値は張るが、マルチカムをデザイン製造している「クレイ・プレシジョン製」帽体、縫製ともシンプルで魅力的!

Crye Precision シューター キャップ/MULTICAM

Crye Precision シューター キャップ/MULTICAM
価格:5,040円(税込、送料別)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 男の小物
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : ミリタリー 迷彩 アウトドア カムフラージュ コンドル・アウトドア

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。