FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー massif COMBAT SHIRTS ACU

 先日(6月3~4日)は、楽天のスーパーセールでしたね。
全ての商品がポイント10倍、実質1割引ということで、「これはナンか買わないといけない!」と変に思い込んでしまい、新アイテムをいくつか購入してしまいました。

今回購入したもので、今日紹介するのは、こちらの商品です。

米軍実物 US ARMY COMBAT SHIRTS ACU

米軍実物 US ARMY COMBAT SHIRTS ACU
価格:6,800円(税込、送料別)


今回初購入となる。「コンバットシャツ」です。

まずは、コンバットシャツとはどういうものか?という話から。

現在米軍では、戦場で、任務に就く際には、体を銃弾他から守るために「ボディーアーマー」を装着するのが常識になっています。
特殊部隊など、軽装備で動きたい場合であっても、それなりに体にはマガジンポーチなどを装着しないといけないので、「ボディーアーマー」を付けない場合でも、「チェストリグ」と呼ばれる、色々なタイプの弾帯装着器具を身にまといます。

まあ、これだけでも充分に暑苦しい感じがしますが、更に近頃の米軍の展開地域は、アフガニスタン、イラクといった比較的高温な地域になっています。

従来型のBDU、ACU、と言ったユニフォーム、平たく言うと戦闘服、戦闘ジャケットの上に、上記のボディーアーマーなんかを装着すると、かなり暑苦しい感じがしますよね。
私も、ACUのパンツを一枚持っていますが、コットン/ナイロンのファブリックは、ジーンズほどのごわつきはなく、それなりの通気性を持っていますが、夏の暑い盛りに上下長袖で活動する兵士たちにはやはり大変でしょう。

そこで、最近幅広く利用されているのが、今回登場の「コンバットシャツ」です。

コンバットシャツの最大の特徴は、袖部分は普通の戦闘服のようになっていながら、ボディーアーマーと重なる部分、つまり胸、腹、背中の部分は、ポケットなどの不必要な機能が省かれ、通気性を考慮した素材になっている店です。
この部分は、「ただメッシュ生地にすりゃいいや」という感じでもなく、当然ボディーアーマーと擦れる部分でもあるので、それなりの強度も要求されます。

コンバットシャツの概要はだいたいこんな感じですが、やはり最近幅広く使われているようで、「call of duty modern warfare 3」のなかでも、プレイヤーといっしょに行動するサンドマンが、着用しているのが見られます。
Tru-Spec Combat Shirt MultiCam

Tru-Spec Combat Shirt MultiCam
価格:9,800円(税込、送料別)


彼が着用しているのは、こんな感じの、「マルチカム」です。彼は米兵なので、正式にはOCPと言うべきでしょうか?
この世代のコンバットシャツは袖以外が、白一色のケースが多く、サンドマン氏もボディーアーマーの下から白い生地が覗くのですぐに解ります。

そういう話は適当に止めて、本題の「massif コンバットシャツ ACU」の話に戻る
massifコンバットシャツ全景 コンバットシャツ背面

こちらが今回購入したシャツの写真。
購入元はCAPTAIN TOM’sとなる。
ショップ情報では「米軍実物」とあるが、実物かどうかは確認のしようがない。

襟ラベル 

襟首部分にプリントされたラベルは、比較的カジュアルな感じで、米軍納品のような感じではない。「米軍実物」にこだわる方は、一考のこと。
ただし、こちらのメーカーMASSIFオフィシャルサイトによると、米軍に納入しているメーカではあるようで、オフィシャルサイトの同商品に紹介を読むとこのシャツを米軍に100万以上納入しているとある。

まあ、本物にこだわらない人であれば、どうでもいい話かも知れないが、このサイトの解説によると、
  • 米軍のPEO(?)などのテストをクリアしていること。
  • 難燃性に関するテストをしていること。
が同時に謳われている。

触った感じが普通のACUとはずいぶん印象が違う。全体に「難燃性」を持っているようで、オフィシャルサイトでもこの難燃性が強調されており、「FLAME RESISTANT」の項目から入るようになっている。

ちなみに、私が持っているACUのパンツは(たぶんものにもよると思うのだが)、コットン/ナイロンが50%ずつで、火の粉が飛んできたりすると簡単に穴が空く(実際、簡単に穴を開けてしまった)。
このパンツは、コットン/ナイロンのため、ジーンズのような重さもなく、そこそこの通気性があるため、夏でもそれなりに涼しい、サラサラした生地だったが、今回のシャツは手触りから全く違う。

生地は3種類で構成されているボディー部分がメッシュ状の生地、袖の部分、そして、胸元、脇の下から下の部分が、若干袖部分とは違う生地が使われている。
それぞれが、コットンやレーヨン、スパンデックスなどによる混紡となっており、全てにスパンデックスが含まれているため、全方向にストレッチする機能を持っている。

メッシュ生地以外の、ボディー部分はTシャツの生地に似ており、袖部分は、さらにに厚手な感じの生地だ。

コンバットシャツメッシュ生地 
メッシュをすかしてみるとご覧のように、かなり大胆に透ける。通気性はかなり良さそうだ。

また、全ての生地に通気性と吸湿発散性があるとされている。

米国製である。


サイズについて書くのを忘れた。

今回購入したのはSサイズ。私は、172cm65kgで中肉中背、まあ特に太ってはおらず、標準的な体系と思って欲しいのだが、おおよそ、ジャストフィットであった。
実は「S」を購入した理由は特にない。普段ならショップで公表しているスペックを元に採寸したりもするのだが、今回はメンドくさかったので、雰囲気で注文した。
過去の経験から、コンドルなどの特徴のあるメーカーの場合、サイズも慎重に検討するが、一般的なアメリカのアパレルの場合Sサイズでだいたい合うような気がしてきたからだ。

「まあ、シャツだし、あまり余裕がありすぎるのもかっこわるいな。ちょっと小さくてもいいや。」位の気持ちで注文したのだが、想像以上にジャストフィットで嬉しい。
着丈はやや長く、首回り、胴回りはジャスト。袖の長さもちょうどいい。

参考までにショップ公開のスペックはこちら

サイズ XS: 46 / 75 
サイズ S: 48 / 78 
サイズ M: 52 / 82 
サイズ L: 56 / 84 

最初に開けてみて感じたのは、普通の服と違って重量バランスが悪いため、非常に不思議な感じがした。
パット見た感じクルーネック(ややスタンド)の普通のシャツという感じなのだが、「腕部分が普通の厚みのあるシャツ」、「胸、背中部分がメッシュシャツ」のような構造のため、持ち上げると腕部分が重く体部分が軽いという不思議な違和感を感じる。

これは、肩から腕の生地、機能は、おおよそコンバットジャケットに準じているが、胴回りのポケット機能などがカットされいるせいもある。

袖部分には大きなニーパットがついており、これが更に袖部分の重量を上昇させている。

エルボーパット 
この部分は、パッドが縫い込まれており、更に表面にディンプル加工がされている。両腕のこの部分の重量だけでシャツ全体の半分くらいの重さがありそうだ。


massif右肩massif左肩IR

上記の写真は、左右の袖方部分に付く、ポケットとパッチ用ベルクロ。
ポケットは両方とも同じ大きさで、かなり大きい。ジーンズのおしりのポケットくらいある。両方とも、前側にYKK性のプラファスナーがついている。
右ポケットは色々なサイズの3つのベルクロとなり、左は大1だが、この上部には不思議な黒いナイロンのようなものが。
カバーで隠すことも出来、IR関連のものらしいが、私の知識では不明。

袖口 

両袖口付近にはペンポケットが付く。ペン他、サイリュームを入れたりして活用するらしい。
袖口はベルクロで調整可能。

総括としては、、、、「とても良い」と評価できる。

始めて購入した「massif」。始めて購入した「コンバットシャツ」だが、これは、良いかも結構使えそう。
これからのシーズン、私の業界は、ほぼTシャツで過ごすことが多いのだが、天気次第では夕方から思いがけず冷え込んだりする場合もある。
そんな時にTシャツの上に重ね着するために、常に持ち歩いたりするのに向くかも知れない。薄いしね。

さらに、Tシャツで夜飲み会に出かけると結構ポケットに不便したりする。
このシャツを上手い具合に畳んで、左右のポケットに、携帯電話とお財布を入れて持ち歩くというのはどうだろう?
寒くなったら着られるし。

なかなか便利そうだぞ、コンバットシャツ!!

「massifというメーカーもなかなか良質なものを出しているなー。」と思って改めて調べたら、今回購入したシャツ、実は米国内ですら、170ドルもする!

6800円で安い!と思って買ったのに?!と、よく見たらお店の方でも普段は29800円もする商品じゃないですか!!
処分価格だったんですね。ラッキー。

なくなりつつあるので、欲しいと思った方はお早めに。

最後にどう店舗内で並んでいるmassifの商品マルチカム仕様も載せて終わりにしたいと思う。

MASSIF US ARMY Combat Shirt Multicam (FR)

MASSIF US ARMY Combat Shirt Multicam (FR)
価格:23,800円(税込、送料別)


関連記事
スポンサーサイト

tag : ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。