FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムフラージュパターンについて A-TACS

大変久しぶりですが、記事も久しぶりに「カモフラージュパターン」の話をしてみたいと思います。

今回、話題に上げるのは「A-TACS」。
おそらく、「アタックス」と発音するであろうこのカモフラージュパターン、前から気になってはいた、最新カモフラージュパターンです。


さて、なんで、いままで無視してきたかというと、、、
マルチカム同様、民間で開発されたこのパターン。「最新」を売り文句に登場し、その能力の高さで、「米軍に採用されるかも・・・」という雰囲気を維持してきました。
しかし、陸軍の方は「マルチカム」でほぼ決定、警察等、小さな採用はあるようですが、「おぉー」というような大型採用がないまま、時間が流れ、個人的には「格好いいパターンだな」と思いつつも「いずれ消えるかも?」という思いがあったからです。

このパターンの特徴と言えるのは、そのグラデーションのかかったような、自然な色の変化です。
「グラデーションのかかった迷彩パターン」と言えば「マルチカム」が思い出されますが、実はこの「A-TACS」、どちらかというとACUに近いパターンと言えます。

ACU」、「マルチカム」、「A-TACS」。いずれもユニバーサル性をパターンの特徴、「売り」として持っています。
ここで言う「ユニバーサル性」とは、迷彩パターンの柔軟性のことで、「砂漠」、「都市」、「ジャングル」いろいろな地形において有効な迷彩パターンである、と言うことを指します。

ACU」は、多くのパターンが目指す「環境色との近似性」を追求すると、結果的にユニバーサル性が無くなるという観点から「印象に残りにくい色」を採用しました。小型のピクセルパターンを並べるという手法も、「自然界にない」ので一見目立ちそうですが、実は「輪郭を不明瞭にする。」「距離をつかみにくくする。」効果が知られており、「ユニバーサル性」を追求する方法としては良い選択だったのかも知れません。
ただし、結果的にACUは現場の兵士に不評で、マルチカムへの以降が着々と進んでいるようです。

マルチカム」のユニバーサル性追求手法は、「ACU」とは全く別です。
まずは、「極端さ」の廃止です。完全な白、完全な黒は自然界には無いと言われます。自然界には無い色の採用は欺瞞性を提げる事になるので、こういった色を採用しません。もう一つはグラデーションの採用です。「輪郭を不明瞭にする。」にはもっとも有効な方法でしょうが、これまではプリント技術の関係でなかなか採用が難しかったのでしょう。
さらに、最大の特徴と言えるのは、光の屈折率です。(コピー品は不明ですが、正規クレイ社のものは)光の屈折率を、自然界(植物、土)と合わせることで自然光の下での「極端さ」を無くす努力をしています。


さて、長々と脱線してしまいました。今回の「A-TACS」の話題に戻ります。
A-TACS」は一見、マルチカムのようなグラデ迷彩に見えます。しかし、実はこのパターン「ACU」同様のデジタル迷彩なのです。A-TACSはACUのピクセルを、より小さくしていくことにより、輪郭の不明瞭さを向上させました。おかげで、マルチカムのような、グラデーションに見えます。
グラデとしてのイメージは良くできていて、おそらく4色迷彩と思われますが、詳細が不明なくらいいいグラデーションがかかっています。
色味については、、、、、ご覧の通り、どちらかというと「ACU」に近いが、より無彩色に近づいている印象。正直言って、「無彩色=地味=目立たない」と、「自然界の色」の中間を取っている印象でかなり「苦しく色を選択した」印象。

さて、「これまで無視してきたA-TACSを今回こうやって記事を書いている理由」は、個人的に「ユニバーサルカモフラージュには無理がある。」と思っていたからです。
カモフラージュの究極の形、目立たないことをひたすら追求した、スナイパー達の使う「ギリースーツ」を見れば解る通り、「環境に合わせる」のがベストだと思うんですよね。「ユニバーサル」は確かに、そしてある意味安上がりな迷彩かも知れませんが、導き出される結果は、環境対応に勝つのは難しいでしょう。
で、今回、A-TACSが、「ユニバーサル性を棄てた」というのが採用の理由です。
A-TACSはこれまで、上記の写真のような1パターン性でがんばってきましたが、ここにきて、違うパターンを登場させました。

ATACS_FG

A-TACSは、従来型のパターンを「A-TACS AU」(Arid/Urban(不毛地/都市))追加されたグリーンよりのパターンを「A-TACS FG(フォリッジグリーン)」としてきました。!!

新色のFGは、従来パターンをグリーン系に変えただけでなく葉っぱを思わせる大きなパターンと、ドロップシャドーを思わせるパターンが追加されています。
ユニバーサルに否定的な、私にとって、この選択はすごく良いのでは?と思っています。
せっかくだから、更に数色追加していくのも良いんじゃないかと個人的には思うんですが、、、(基本的にユニバーサルなので、たぶん無いでしょうね。ファッション的に色数は多い方が、、、、)



2011年12月に発表されたばかりの「A-TACS FG」。日本国内での入手はまだ不可能なようですが、注目に値する発表ではないかと思っています。

米陸軍はマルチカムでほぼ決まりですが、陸軍がACUを採用したとき、MARPATで、複数の色を採用してきた海兵隊、これまで、新パターンへの移行が発表されていないので、このA-TACSのシリーズカラーが採用される可能性は高いのではないか?と個人的には思っています。
関連記事
スポンサーサイト

tag : ミリタリー 迷彩 カムフラージュ

コメントの投稿

非公開コメント

A-TACS FG

A-TACS FGで検索してやってきました。

先日、とある筋よりA-TACS FGのプレートキャリアを入手しました。
リンク先に載せてありますので、宜しければご参考にして下さい。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。