FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー BATES DELTA-6 ICS GORE-TEX Side-Zip MC Desert

さっそくだが、今日到着したBATES(ベイツ) DELTA-6 ICS GORE-TEX Side-Zip MC Desertをレビューしようと思う。



いつも通り名前の説明から

BATES(ベイツ)は会社の名前。アメリカのシューズメーカー。軍用、警察用のブーツやワークブーツ、普通の革靴なんかも作っているメーカーのようだ。
取扱商店は中田商店が有名だが、他にも数社が取り扱っているようで、価格比較してみたい人はご検討を。

DELTA-6は、デザイン名、商品名のよう。
本製品はいわゆる「タクティカル・ブーツ」に属する。軍で支給されるブーツは「硬く」「重く」履き心地もあまり良くない。また、特殊任務などで俊敏性を必要とする場合にもあまり向かない。
そこで、スニーカーとブーツのあいのこのような「タクティカル ブーツ」が存在してる。
隠密作戦が必要なSWATなんかも、当然ブーツだとバタバタうるさいので、利用している。
目的的にも、機能的にも、トレッキングシューズと似たところがある。

ICSはBATESの売りにしている特徴で、かかとに埋め込まれた装置を切り替える事により、移動のサポートをしてくれるというもの。

GORE-TEXはご存じゴアテックス本製品はゴアテックス使用の防水ブーツとなっている。

MC Desertは、カラー名。「海兵隊デザート色」という意味合いだと思うが、別にマーパットに彩色されているわけではない。TANの単色となっている。


サイズ

今回購入のブーツサイズは、「7EW」。
私が、購入したショップ「CAPTAIN TOM’s 」の情報によると、「7EW」は、25cm~26cm相当。
私は普段26cmの靴を履くが、気持ち、ホントに気持ち大きく感じるので、スキー靴や、「多少きつくてもフィット感が欲しい」と感じるときは25.5cmを買うようにしているので今回の選択。

「EW」はたぶん幅のことなんか指していると思われるが、私は靴の表示に詳しくなく、他に選択肢もなかったので、深く考えなかった。

手元に届いた商品を履いてみた感じとしては「ジャスト」。
長さについては若干の余裕があるが、足の甲の広さがジャストのため前後に動いたりすることは無い。
ただ、この靴スキーブーツのようなハードシェルブーツでもないし、レースで調整する事になるので、あまり深く考えなくても、おおよそのサイズで購入しても極端な不具合はないと思う。
ただ、私の足の幅は、標準よりもやや狭い方に属するので、「極めて横幅がある。」という人は、大きめを購入するのをお勧めする。


ICSとゴアテックス

箱を開けて最初に思ったのは、「かっこいい!!
この価格で、ゴアテックスで、このデザイン!言うこと無し!もうこれでほぼ満足である。
そんなこと言っていると話が終わってしまうので、いくつかの機能説明を。

BATESのタクティカルブーツの売りになっているのはICSと命名された調整システム。Individual Comfort System の略で、日本語で言えば「個別快適装置」といった感じ?
詳しくは中田商店のこちらのページを見てもらうと解るのだが、機能的には、かかとに埋め込まれたディスクの向きを変えることで、衝撃吸収のパターンを変え歩行を快適に、衝撃吸収のサポートをするというもの。
ディスク自体が柔らかいジェルで出来ていて、このディスク自体が衝撃吸収の役割を果たすようだ。

この機能についてあまり深く追求するつもりはないし、まだ履いて間もないのでレビューも出来ない。
しかし、靴にはこの手のギミックが多数用いられてきた。「ソール部がシーソーのように遊動する装置」「土踏まずの高さを調整する装置」「衝撃を吸収するソール」などなど。
しかし、どれも実験的な要素に過ぎず、「これは素晴らしい!この機能は全ての靴に装備されるべきだ!!」なんて言われた機能は一つもない。
それどころか、「こういう機能が付いた靴よりも、シンプルでフィットする靴が一番良いよね!」なんて言われるのがおちだった。

ICSの機能の詳細は未体験なので、なんとも評価できないが、たぶん上記の領域を出ていないんじゃないかな~?というのが現在の印象である。

ICSとソールDELTA6かかとの高さ
この厚み!1万円札と共に指で指したのは、だいたいこの辺がソールの底って意味です。


ところで、この機能のおかげでこの靴、かかと部分(というかソール全体)が非常に高い。機能の厚みだけで1cm以上ある。全部合わせると4cmくらいはUPするのではないだろうか?シークレットブーツ級の高さと言えるかも。

もう一つの本製品の特徴は「ゴアテックスによる防水機能」である。
実は私、恥ずかしながらこの手の防水シューズを言うものを購入したのは初めてである。
最近は、ディアプレックスなどが結構幅広く採用されており、目にする機会も増えているが、個人的にはこういう「透湿素材」がどれほどブーツに有効なのか正直疑問だった。

理由は、完全防水なら「長靴」がベスト!ゴアテックスなんかを採用しても水没した部分は透湿性が発揮出来ないので無駄。という考え方があるからだ。
まあ、長靴はフィット性が圧倒的に悪いので、マウンテンブーツに透湿素材を採用したいという発想は解らないでもない。しかし、透湿素材がその能力を発揮して、「足が濡れない、そして、足が蒸れない」という状況になり得るのか?
これは、正直疑問である。
足は比較的汗をかきやすく、実は長靴など透湿力のないもので覆ってしまうと結構じっとりと濡れる。さらに冷たさを感じやすい部位でもあるので、冷え込むと濡れた靴はかなりつらいものと言える。

私も、雨の中や、雪の中で、いろいろなタイプのブーツ、長靴を試したが、結局「水が浸みたら終わり」という理由で「長靴が一番いい」という結論に達している。
今回、このブーツのゴアッテクスが能力を発揮してくれれば、私にとっては「夢のブーツ誕生」と言うことになるが、どうなんだろうな~、サイドジップだし~。

結論はまたいつか書けたら良いなと思う。


履き心地と総評
ベイツ デルタ6 デザート

他にも書きたいことは、沢山あるのだが、長くなりすぎるので止める。
写真のコヨーテ風の濃い色に見えるのがバックスキン風のレザー(合成?)で、明るいデザート色に見えるのがコーデュラ風の厚みのあるナイロンで出来ている。

使用されている金属はファスナーのアルミ位でレース周りはプラスティック製で、縫製もしっかりしている。
今回は「本当にいい買い物をしたなー」といい気になっている。

が、しかし、唯一不満な点がある。
それは、「かかとのホールドが甘い」事。私の持っているマウンテンブーツは、「ヒールカップ」がしっかりしていてとてもフィット感がいい。ブーツのかかとがフィットして自分の足に付いてきて、こうの部分がしっかり曲がるというのはフィット感を重視するブーツには非常に重要。
ただし、これは場合によっては、かかとが合わなかったりして、逆に「痛い」で終わってしまうことも少なくない。

BATESはこういうリスクよりも万人性を選んだのかも知れないが、かかとがやや甘く自分の足にしっかり付いてこない。また、前述のICSのおかげで高くなってしまったかかと部は、やや不自然な感じがする。
さらにかかとの上のホールドは甘いが、かかとの底の部分はICSジェルのおかげか、やや沈み込みすぎの気もする。

最終的には、もうちょっと履いてから判断し、このレビューも加筆修正したいと思う。

いろいろ書いたが、基本的には「大変かっこよい!!」。それだけで全て許す!!

BATESのブーツが「本当にいい」から「おすすめ」かどうかについてはもうすこし時間をおいてから結論を出したいと思う。

関連記事
スポンサーサイト

tag : ミリタリー アウトドア

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カテゴリ
おすすめ!!
rakuten
最新トラックバック
最新記事
プロフィール

FPSOP

Author:FPSOP
ミリタリー関係の様々な物を紹介したいと思います。
「アパレル」「ゲーム」「プラモデル」「パラコード」など、深く掘り下げます。気に入った項目があったらうれしいです。
直接連絡はこちらへどうぞ

月別アーカイブ
最新コメント
カウンタ

2011/9/19からの訪問者:

現在の閲覧者数:

ブログ内検索
tags

ミリタリー アウトドア 迷彩 カムフラージュ PCゲーム アンドロイド コンドル・アウトドア FPS ジャケット arma3 アルファ・インダストリー 携帯電話 パラコード  メンズアパレル ポーチ スマートフォン アサルトライフル タバコ ベープ 銃器 ブーツ Nvidia3Dvision 編む 男の手芸 電子タバコ 

link
にほんブログ村 にほんブログ村へ

RSSリンクの表示
リンク
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。